メニュー
ここは、主にRPGなどに登場する武器、防具、モンスターなどの情報を集めたサイトです。

管理人が趣味のゲーム製作をする際の資料用として作成しており、深く突っ込んだ考察ではなく、浅く広い一覧を作ることを目的としています。

また、伝説のアイテムには名前や逸話などにブレがある場合が多いですが、このサイトでは管理人が自分の好みで名前/逸話をピックアップして掲載しています。ご注意下さい。
ひとりごと
イメージ画像を追加
無料素材サイト様からイラスト素材をお借りし、各項目に貼り付けるようにしました。
借用元サイト様は「このサイトについて」項目に記載しています。
既存項目を徐々に追加更新していく予定です。
日本語と英語
個人的な感覚の話なのですが、日本語で「手袋」と言うと、冬につける毛糸の物などを想像します。
「グローブ」と言うと、形状にかかわらず、主にスポーツで使われる機能性重視の物を想像します。サッカーのキーバーが付けてるやつとか、モータースポーツのドライバーが付けてるやつとか、ボクシングとか。
しかしこれは個人の感覚の話で、手袋とその英訳であるグローブは同じもの…のはずです。
日本語のニュアンスによる意味の違いといいますか(英語ですが)、なかなか悩ましい所です。
UMA
クリーチャー(モンスター)に「モスマン」と「スカイフィッシュ」を追加。
最終的には神や天使も追加する予定で、モンスターではないなぁ…と悩んだ末「クリーチャー」にしました(´・ω・`)
UMAはネタが割れているものが多いのですが、このサイトではあえて伝承だけを紹介していますw
詳しく知りたい方は各ページのリンクからWikipediaをご参照下さい。
近代作品に登場するアイテム
ライトセーバー」「デッカードブラスター」「サイコガン」に続き、近代作品から「レイジングハート」を追加しました。
ストームブリンガーの流れを汲む「自我を持った武器」の中でも、ナイトライダーのようなAI要素を加えたレイジングハートは、ヒット作にもかかわらず意外とフォロワーがいないような、かなり独特の武器になっていると思います。
どう考えても浮いているので他にこういう独特な武器が無いかなぁと考えたのですが、今の所思いつきませんでした…w
どこに分類するか迷うもの
この手のサイトを作っている方は恐らく例外なく悩んでいることだと思いますが、アイテムに関して、どこに分類するか迷う物が結構あります。

槍と剣の二説ある「アスカロン」とか、矢と剣の二説ある「ミストルティン」、短剣か剣か、はたまた杖かという説まである「アゾット剣」など…。
伝承のブレだけではなく、サイトの運営方針として、「ガラス」は人工物だけど石・宝石に分類したいとか、「ゴム」は木じゃなくて人工物だよね…?とか、一瞬考えてしまうことが多いです。

更新履歴を書かない方針なので、こういうのをこっそり書き換えることがあります。
ご了承ください。(´・ω・`)
名前の著作権
昔から薄々気になっていたこと。
昔良く読んでいた小説(今の呼び方ならラノベ?)に、ソード・ワールドというテーブルトークRPG(TPRG)の世界を下敷きにしたものがありました。
このサイト作成の際にも読み返した「ファンタジーコレクションシリーズ」の、グループSNEが筆者のシリーズです。

ソード・ワールドの世界には、グラスランナーという「草原を駆ける小人族」が登場します。
この元ネタは指輪物語のホビットであり、TRPGの元祖であるダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)にはハーフリングと言う名前で登場していました。

何故名前がホビットではなく「グラスランナー」「ハーフリング」なのか。
想像がつくかもしれませんが、商標登録されているからなんだそうです。
ちょっとググるとトールキンの息子さんが関わっている「トールキン財団」という団体が著作権管理に非常に厳しいそうで、D&Dの発祥は1974年なんですが、その頃から避けられていたようです。

で、気になっていたのはそこではなく「ミスリル」です。
これも指輪物語発祥の架空金属なんですが、こっちの方はD&Dにも登場しているようで、日本ではファイナルファンタジードラゴンクエストにも出ています。
ホビットは登録されていて、ミスリルは未登録(?)なのが謎ですよね…。
(書名「ホビットの冒険」があるからか?)
言葉は生き物?
紹介しているアイテムには、様々な理由で呼び方にブレがあるものが存在します。

日本で紹介された時に日本語読みに違いが出た「マン・ゴーシュ/マインゴーシュ」や、固有名があるが発音が日本語として紹介されていない「ダグザの棍棒(lorg mór/lorg anfaid)」、異名を持っている「髭切/鬼斬丸」など…。

この関連でWikipediaを調べていて悩んだこと。
ジャマダハル/カタール」という、鉄製の爪のような武器があります。
この武器の名前は本来「ジャマダハル」らしいのですが、16世紀の古書で「カタール」という誤った名前で紹介されたため、その名前で広まってしまったという逸話があります。

日本では「ジャマダハル」が正、「カタール」は誤りという紹介が一般的だと思われますが、ざっと見た感じ、日本語以外のWikipediaでは普通に「カタール」の名で紹介されています。
「もう浸透してるから、”元々は誤った名前だった”という逸話付きでカタールで紹介」するか、あくまで「ジャマダハルが正」として紹介するか…。
まだちょっと悩んでます。
サイト公開
作りかけですが我慢できずサイト公開。

今はほぼ武器しかありませんが、最終的にはサイト名通り「武器」「防具(アクセサリ含む)」「素材」「クリーチャー(モンスター)」のリストになる予定です。
問い合わせボタンも近日実装予定。(内容にツッコミを貰う為のボタン)

取り扱い内容に素材を入れたのは、素材が武器や防具の接頭辞になっているマイト・アンド・マジックというゲームが個人的に好きだったのですが、自分で作る時もそんな感じにしたいなーと思っているためです。
「ダガー」 → 「エメラルドのダガー(STR+1)」みたいな。
Tweet